はじめまして!

こんにちは担任助手の松山です!

まずはアイスブレイクとしてこの前撮った桜の写真です。いやー写真を上手に撮れる人はすごいなーと毎度思ってしまいます(上手に撮れるようになりたい)

写真についてはこれくらいにして、年度初めのブログになるので改めて自己紹介兼ねて書こうかなと思います。

出身高校:西陵高校
大学:長崎大学 医学部 5年
部活:水泳
趣味:映画鑑賞、アニメ、マンガ等々

今回はこの中でも大学でのことについてほんの少しだけで書こうかなと思います。今大学では主に大学病院で臨床実習生として実習をしています。

実習は1週間ないし2週間ごとに各科を回り勉強していて、これが約1年間あります。この1年の実習が終わった後にも、約半年の臨床実習があり、これは自分の学びたい科を6つ選択し1か月ごとに回って勉強していきます。

実習ではどんなことをするのかを少しだけ話したいと思います。実際、医学部を目指している人ならこういう話を聞いてモチベUPにつながると嬉しいですし、目指していない人でもそういう世界もあるんだなって思ってもらえると嬉しいです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、実習と聞いて一体何をしているんだ??と思ったあなた、少し興味を持ち始めているんじゃないでしょうか?笑

文字でだらだら書いてもつまらないと思うので実際に行えることの一例を列記したいと思います。

可能な医行為(例)
・外来見学
・手術見学
・カンファ参加
・医療面接(問診)
・診察(視診、触診、聴診、打診)
・神経診察
・視野検査
・眼底鏡、耳鏡での診察
・マスク換気
・気管挿管
・超音波検査(心エコー、腹部エコー、頸部エコー、下肢エコー)等々です

*実習生はStudent Doctorとして医師の指導監督の下、医療に関する知識及び技能を修得するために医業を行うことができることができます。(医師法第十七条の二参照)

実習生が行っていい手技というのが決まっているので、さらに気になる人は厚生労働省が出している「医学部の臨床実習において実施可能な医行為の研究 報告書」を見てみてください。

以上長くなりましたが自己紹介と今現在どんなことをやっているのかを書いてみました。興味があってもっと聞きたいとかなら話せる範囲で話をするのでどんどん声をかけてください!どんなことでもいいので話したい!という人でも大歓迎です!これからよろしくお願いします!

17+